前回、「ドライクリーニング」と「家庭で出来るドライクリーニング?」のお話を書きました。

さて、ドライクリーニングの溶剤とはどんな物でしょう?

当社では石油系溶剤と言う有機溶剤を主に使ってクリーニングを行なっております。

簡単に言いますと、ガソリンや灯油のような油性の溶剤です。

皆さんこんな経験ございませんか?

「ストーブの灯油をうっかりこぼしてしまい、ウエスやタオルで拭いてみるとそこだけキレイになった!」
「バイクやスクーターの給油時、少し飛び散ったガソリンをふき取るとそこだけキレイになった!」
「サラダ油をレンジにこぼしてしまい、ふき取ったらきれいになった!」

これは、みんな油性の油で油汚れがキレイになったあるあるネタです(笑)

ドライクリーニングはまさにこれと同じです。

このような大き目のドラム形洗濯機に石油系溶剤をみたして、衣類を洗うのです。

だからキレイになるのです!

ただ、このドライクリーニング、弱点もあります。

油で洗いますから油汚れはよく落ちます。また油でくっついている黒ずみや埃もよく取れます。

ですが、水汚れが落ちにくいのです。

皆さんご存知のとおり、水と油は混ざり合いません。

ですから、水系の汗や食べこぼしなどのシミは中々落ちません。

また、もう一つの問題は…

上の写真はクリーニング用洗剤の協会が出している資料です。

ドライクリーニング溶剤は、何度もくり返し使います。

すると上記のように解けた汚れなどが溶剤の中に残ります。

これをフィルターでキレイにしながら使います。

この管理がクリーニング屋さんの良し悪しを左右する重要な物となります。

さすがに右の溶剤のように茶色になった物を使われるクリーニング屋さんはいないと思いますが、溶剤をキレイに保つには、定期的にろ過機(フィルター)を交換することが大切なのですが、管理の悪いクリーニング屋さんでは予算もかかりますので、この工程を少なくすることがあるようです。

当社では、いつも「良好」の状態で石油溶剤を管理しています。

定期的なフィルター交換はもちろんの事、溶剤を回収して蒸留再生して常にきれいに溶剤でクリーニングを行っております。

蒸留再生とは、一度真空タンクの中に石油系溶剤をいれてその中で煮沸!気化させてキレイな蒸留液のみに再生する方法です。

不純物のないキレイな溶剤が出来ます!

毎回のフィルター巡回と蒸留再生を駆使して常にキレイで透明な石油系溶剤を使用しています!。

ぜひ、当社のドライクリーニングご利用いただければ幸いです。

東洋ランドリー株式会社
住所:東京都港区芝4-18-3 JTM-26 1F・B1F
電話:03-3451-3251 FAX:03-3451-3673
メール:touyou_l@msn.com
営業時間 店舗:8:00~19:30 デリバリー:10:00~23:00
定休日:日曜・祭日

特殊工房
黄ばみ変色再生工房「彩色洗美」
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re