昔の設備写真の続きです
というか今日はさらに古い写真です。

東洋ランドリーの前身、横沢洗染クリーニング商会のチラシ?です。
時代背景がわかりませんが、多分戦前の物です。

「船舶会社御用達」と書いてあります。
祖母に聞いた所、当時は当社に船舶部があって停泊中の船舶のクリーニング品をお預かりしてクリーニングしていたようです。

当時は、主に商船や軍艦などをお客様にしていたそうです。
3艘の船を所有し、船で配達を行っていたとか!
港町 本芝 ならでわのクリーニング配達方式ですね。

二枚目の写真は当社初代 横沢喜一郎が選挙活動中の写真のようです。
こちらもいつものかイマイチわかりませんが、議員活動が忙しくなって二代目(長女夫婦、川畑清、喜美子)に会社を譲ったと聞いたことがありますので、これも戦前?1930年代かな?

お話はチョット脱線しますが、「坂の上の雲」第2部スタートしましたね!。
1部は面白かったから2部はどうかな?期待大です。

「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている」
オープニングのはじめのナレーションの一文ですが、まさに色々な文化が花開いた時だったのでしょうね。

時代に多少の差はあれ、衣服の文化・様式も劇的に変化してそんな中で、クリーニング業が発展して行ったのだと思います。

まさに当社の初代・2代目時代はクリーニング産業の開化期だったはずです。
先人の努力や研究の結晶が今のクリーニングを支えているのですね。

何回かに亘り、昔の資料を交えて紹介してまいりますたがいかがでしたでしょうか?
古い写真や資料を見ながら改めて
過去から多くを学び、新たなクリーニングやサービスに精進したいと考える今日この頃です。

東京都港区のクリーニングは、東洋ランドリー株式会社
住所:東京都港区芝4-18-3 JTM-26 1F・B1F
電話:03-3451-3251 FAX:03-3451-3673
営業時間 店舗:8:00~19:30 デリバリー:10:00~23:00
定休日:日曜・祭日

特殊工房
黄ばみ変色再生工房「彩色洗美」
バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re